軽度の金彩直し

【金彩直し】
今回は男の子の祝い着です。
保管中の湿気や着用時の摩擦など、金彩が取れる原因は様々です。
こちらはお父さまが幼少期に着用された祝い着ですが、金彩が欠落して、糊の色(オレンジ)
が見えてしまっています。
このまま保管していても、今後大きなダメージはないのですが、
せっかくお生まれになられた息子さんにも着せるたいと、お直しをご依頼いただきました。
 
最近は、お母様の振袖を娘さん用にリサイズ(仕立て直し・寸法直し)して着用されるケースが増えてきています。
大幅なリサイズできるのが着物の良いところ。
お父様、お母様の思い出の着物も、お子様に受け継いでいくことができますね。
着用後長期保管される場合は、お手入れをされてから保管していただくと、着物も長持ちします。
 
長崎のしみ抜きなら京弥にお任せください。
 
京弥 LINE公式アカウント https://page.line.me/csn7542s
WEB https://kimono119.com
instagram https://z-p15.www.instagram.com/kyoya_kimono119/
 
#きものお手入れ #きものお手入れ相談 #着物好きな人と関わりたい #金彩直し
#きもの119 #長崎 #九州 #全国 #呉服 #和服 #きもの #kimono
#着物仕立 #着物仕立て
#着物しみ抜き #着物クリーニング #着物クリーニング宅配
#撥水加工 #はっすい加工 #すこやかガード
#紋章工芸 #家紋
#きものリメイク日傘 #おくんち日傘

関連記事