現在のお見積内容

商品数:0点

合計:0円

お見積内容を見る

ログイン

きものマメ知識

「きものが喜ぶ方法」や「簡単なシミ抜き方法」などなど着物に関するマメ知識をまとめました。下記に記載されていないことで「こういうときはどうしたらいいの?」などの疑問がございましたらお気軽に「お問合せフォーム」にてお問合せください。

着物マメ知識一覧
着物のお手入れ方法
・着物を着る前にすること!
着物を着る日が決まったら、1~2週間前の晴れた日を選んで着物・帯・長襦袢・小物(帯〆・帯揚げ・重ね衿)・肌着等の小物(伊達締め・腰紐・帯枕・たび・肌着・前板等)などを出して状態を確認することをオススメします。当日になって慌てるアクシデントを防ぐことが出来ますし、汚れていないか、物は揃っているか確認することが出来ます。1~2日前になったら着物ハンガーに掛け、風通しの良い場所に吊し、織りジワや防虫剤の匂いをとりましょう。
・着物は着たらお手入れが基本です!
本来、お着物は1回でも着られたらクリーニングに出していただくことが好ましい、デリケートなものです。特に、もう当分着られない場合は汗などが黄色く変化してしまうので、目立つシミがなくても、必ずクリーニングをしましょう。
・着物を脱いだ直後にする事
着物を脱いだらまず、着物ハンガーに掛けて下さい。身頃を真っ直ぐさせることが、着物の型くずれを防ぐ方法です。袖まで通るきものハンガーを使い、着物の縫い目を真っ直ぐにします。縫い目がゆがむと、タルミの出来る原因を作るのです。洋服のハンガーは、衿の形をくずし、肩幅の所にたてじわをつくってしまいます。
・あやまって着物を汚してしまったら

①つい飲み物などをこぼして汚してしまったら、あわてずにまずは乾いたハンカチやタオルで吸い取りましょう。

②続いて、しみのついた部分の裏側に乾いたタオルを敷き、水でぬらし固く絞ったタオルでシミをかるくたたき、シミを裏のタオルに写し取ります。絶対にこすらないように注意してください。また、不必要にシミを触ると、生地が縮んだり、絞りが伸びたり、シミがかえって広がる場合や、色泣きすることもあります。

③あとは乾いた布で生地の裏表から軽く押さえて水気を吸い取って乾かしましょう。

あくまでも応急処置なので、すぐにお手入れに出してください。墨・マジック・インク・ボールペンの筆記具の汚れと口紅など化粧品の油汚れ水で触ると落ちなくなる場合もあるので、プロにまかせましょう。多くの人は②の段階で失敗することが多いので、①③のみの処置でお手入れに出されることが無難かと思います。

このページのTOPへ
着物の保存方法
・タンスや衣裳ケースでのしまい方

着物、長襦袢、帯はそれぞれ別にして、文庫(たとう紙)に包んでからしまいます。着物の保管は防湿の高い桐タンスか、せめて普通の和ダンスに。絶対に避けたいのは通気性が悪く湿気のこもるものプラスチックの収納ケースや、湿気を呼び込む段ボールなどの紙製の箱です。コーリンベルトなどのゴム製品と、箔を使った着物や帯は、必ず別々に保管します。一緒に保管すると、ゴムの硫黄成分が箔を黒変させる恐れがあります。

絹はもともと虫に食われにくい繊維ですが、心配なら、防虫剤を入れて、虫がつかないようにしましょう。ただし、ウールと一緒に保管すると、虫食いになる危険性が増しますので注意しましょう。防虫剤も薬品を使用しない天然のものがありますので、身体の為にも天然のものを使用した方が良いでしょう。樟脳やナフタリンなど、異なる2種類以上の防虫剤を使うと、化学反応を起こし、取れないしみを作ってしまうので、防虫剤を入れ替えるときは、タンスや着物の臭いが十分に取れてから入れ替えましょう。

関連商品>>タイムパッカー

・折り目に和紙を入れる
1年に数回しか手を通さないきものは、障子紙などの和紙をクルクルと巻き、畳んだ折り目に入れますと、折り目が出来ず、着物が痛みません。金箔加工の多い留袖や振袖などはぜひ試してほしいです。当サイトでも綿を入れて作った着物枕も販売しております。
・年に1・2回は虫干しを!
着物は湿気を嫌い、風を喜びますので最低1年に1回、さわやかな風通しの良い日に、タンスから文庫(たとう紙)ごと出し、文庫を開いておきましょう。日陰で空気を入れなおすと良いです。
・ビニール袋に保管は厳禁
着物や帯、小物もビニール袋にしまっておくと、湿気がこもってシミや汚れの元になります。必ず袋から出してしまいましょう。
このページのTOPへ
帯・小物・紋・その他
・帯のお手入れ
帯は締めていなくても、春と秋の湿気の少ない天気の良い日に陰干しをオススメします。
・帯を締めた後は
帯を締めた後は、体温や湿気を発散させる為に、数時間陰干しをして下さい。
・帯を保存するときの注意点
帯を保存するときは、湿気の多いところや風通しの悪い場所は避けてください。汗・湿りは変色やカビの原因になる事があります。カビが生えるとシミ抜きをしても落ちない場合があります。あと、ビニール袋の使用やにおい袋を直接帯の上に置いたり、帯に香水をかけたりする事は止めましょう。変色の原因になる場合があります。
・紋の基礎知識

紋の基礎知識 (【紋加工】のページもお読みください。)紋は地域や家によって考え方や呼び名が異なり、複雑だと思うのですが、これを読んでくださった方に「参考になった」と言っていただければ幸いです。

<紋の位置>
女性物・男性物
背紋:衿付けより1寸5分(約5.5cm)下の背中心
抱き紋:肩山から4寸(約15cm)下の両胸
袖紋:袖山から2寸(約7.5cm)下の両外袖(袖の後ろ側)

<紋の数と場所>
一つ紋:背紋
三つ紋:背紋、抱き紋
五つ紋:背紋、抱き紋、袖紋

<紋の大きさ>
女性物・女児物:5分5厘(約2cm)
男性物:1寸(約3.8cm)

・紋の格

紋の数が多いと、格が高いといわれています。紋の数が同じならば、上絵紋や抜き紋はほぼ同格とお考えください。紋の数が同じならば、縫い紋よりも上絵紋や抜き紋が格が高いです。

刷り込み紋は抜き紋より格が下と言われる方もいるようですが、不抜けの商品や石持ちが無い商品に抜き紋の変わりに入れる技法なので、パッと見た目は抜き紋です。男児祝い着などは石持ちが無い商品も多数あるので刷り込み紋を入れますが、同じ祝い着で格の上下があるとは思いません。刷り込み紋と抜き紋はほぼ同格といえるのではないでしょうか?(でも、女性物で抜きができるものは、刷り込み紋より抜き紋をお勧めします。)

・着物の種類と紋

必ず5つの上絵紋が入る黒留袖や喪服は第一礼装となり、身内の結婚式や葬儀に使用されます。必ず日向紋(ひなたもん)を入れるといわれていますが、最近は、陰紋(かげもん)を入れる方もいらっしゃいます。

色留袖を比翼仕立にする場合は、三つまたは五つの抜き紋を入れます。五つ紋の場合は、黒留袖と同格になります。この場合は総グシにすることをお勧めします。三つ抜き紋も準礼装として、パーティや披露宴にも着用できます。比翼仕立てにしない場合は、お好みで一つ紋(抜き紋・縫い紋)または紋なしで、訪問着感覚で着用できます。色留袖と訪問着と兼用で着れる様に、比翼無し・グシを腰と衿に入れて、一つ紋を入れる方もいます。

訪問着は紋を入れない方が多いように思いますが、準礼装としてなら抜き紋を、略礼装としてなら縫い紋を一つ入れてはいかがでしょうか。

色無地も正装として着用できる着物です。抜き紋を五つ入れると礼装として着用できます。私は見たことはないのですが、色喪服として着用できるとの事です。抜き紋一つ・三つ、縫い紋一つ・紋無しでもOKですので、紋の有無で着用の幅が大きく異なる着物です。

小紋はあまり紋を入れないのですが、入れるとしたら抜き紋又は縫い紋を一つ入れましょう。個人的には縫い紋をお勧めします。縫い紋は糸色や縫い方で雰囲気が異なりますが、好みで入れてよいのではと思います。江戸小紋(鮫・行儀・通しなど)は抜き紋一つで略礼装として着用できます。

無地の紬にはスガ縫いの紋や加賀紋(大き目のお洒落な縫い紋)をいれると、雰囲気が華やぎます。

・縫い紋の糸色
縫い紋は「目立たない方が控えめで良い。」「せっかく紋を入れるのだから、やっぱり目立つほうが良い。」など、最近はお客様のお好みで入れる方が増えてきているようです。紋は仕立てと同様、地域によって好みやしきたりなども違うので、身近な人に相談されると良いでしょう。
このページのTOPへ
会社概要 | ご利用規約 | プライバシーポリシー | 法定表記 | サイトマップ
Copyright(C)2009 きものお手入れ処 和服総合加工 京弥 All rights reserved.